上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変お待たせしました!!
参加団体主宰インタビュー第3段は、The Stone Age ブライアントの鮒田直也さんです。



-----今回『確率』というテーマがありましたが、書く内容に縛りがあるのは大変でしたか?

制約があるほうが、元々自分が持ってるテーマと掛け算ができて結果的に「あ、こんなんなりましたけど(笑)」みたいな予想外の解答にたどりつく可能性があるんで僕は好きですね。
ただ、今回の『確率』というテーマは難しかったです。



-----どうしてですか?
確率は単位ではないな、と気付いたからです。
これが100コのうちの1コなので1/100ですと単位で表すことと、1/100の確率とは何か?と哲学することとは全く違いますもんね。
そう考えると一気に難しくなりました。



-----1/100というテーマを鮒田さんはどういう風に捕らえましたか?

1%って、結構日常で口にする数字ですよね。
当たりもんなら、何か一番身近で期待できる最小の確率ではないかなぁと。
例えばサンモールスタジオの1公演分(約100人)のお客さんから1人だけ選ばれる感覚が、1/100の確率なわけですよね。
これは現実感のあるミラクルを感じる確率なんだと。
まぁ「笑っていいとも」の1/100アンケートなんかにしてもそうですけど、案外、人がギリギリイメージできる可能性のある数字なのではないかと思います。


-----鮒田さんにとって、今『確率』と聞いて想い浮かぶものはなんですか?

パッと連想するのは無作為抽出ですね。ランダムというか。
宝くじの感覚が一番近いですね。
同じ宝くじ一枚でも願掛けしたものと何もしていないもの、そんな要素なんか関係なしに平等のもとに引き当てられるもの、というイメージです。
当たる原因も、当たらない原因も何にもない。



-----今回The Stone Ageさんは作品がガラリと変わりますが、その理由は?

『NUMBERS』を再演するというお話をいただいたときに、当然前回出てもらった役者さんたちに声をかけたんですけど、残念なことに何人かスケジュールの都合でダメになってしまって…。
前回公演は3ステージしかできなかったので、すごく未練があったんですけど、役者ありきで当て書きした作品ということもあって同じキャストじゃないと同じ作品を上演する気持ちになれなかったので。
再開を機に、新しい1/100物語を上演しようと決めました。


-----他三団体の印象などありますか?

三団体というか、僕のとこも含めての印象で、しかも楽屋での話になってしまうんですけど、何というかよそよそしかったですよー!
新しい中学校に入学した、四つの小学校が一つの新しい教室に押し込められたみたいな感じでしたね(笑)
同居人さんはずっと稽古してて、世田谷シルクさんはずっとミーティングしてて、DART'Sさんが一番ワイワイしてた印象がありました。
そろそろ「家はどこ?」って話かけようかなって時に、公演が中止になってしまって。
…それが残念だったので、今回は積極的に最初から仲良くできればいいなぁと思っています(笑)


-----最後に、ご来場いただける皆様へメッセージをお願いします。

世の中の法則とか動きとかっていうものは解らないことだらけですが、それを「こういう仕組みじゃないかな」と考えるのが僕は好きで。
なので、お客さんに「こういう世界観もあるのか!」と感じていただけるような芝居を目指しているんです。

今回の企画を少しでも面白いと感じていただけたら、「観に行きたい確率」が少しでもあれば、是非、ご観劇にいらしてください。
4つの確率のうち、少なくともひとつはお客さんにとっての“当たりの物語”に出会えますよ。
劇場でお待ちしています!


スポンサーサイト

<< 参加団体・主宰インタビューラスト!同居人 山本了さん | ホーム | ロマネコンティ 2006 是非! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。